書籍発刊:介護職員処遇改善加算 取得・活用ハンドブック(日本法令)

内容
2019年10月1日スタート!新・特定加算制度対応。「加算を取得して終わり」にしない!キャリアパス制度等を介護職員の育成ツールとして構築し活用するためのノウハウ・テクニックを余すところなく開示した、介護業界の喫緊の課題に応える1冊。

著者について
三島 幹雄
サードプレイス社会保険労務士法人代表社員。サードプレイス・ネットワーク株式会社代表取締役。株式会社全国労務診断協会代表取締役。特定社会保険労務士。1977年生まれ、広島県福山市出身。大手介護会社の人事部門を経て、29歳で三島幹雄社会保険労務士事務所(現サードプレイス社会保険労務士法人)を開設。介護・医療・福祉業界を中心に活動中。近年は、企業の労働環境を診断し、その改善・問題発生の予防までをクラウド上で一元管理する「労務監査クラウド」の開発、「特定技能」ビザを活用したクリーンな形での外国人就労のスキーム構築など、企業のホワイト化を推進するための幅広い問題解決サービスを提供している

小宮山 伸
サードプレイス社会保険労務士法人社員。特定社会保険労務士/中小企業診断士。1969年生まれ、埼玉県入間市出身。上場不動産会社の人事部門を経て、2011年に社会保険労務士法人三島事務所(現サードプレイス社会保険労務士法人)の設立に参画。介護・医療関係の企業を中心とした労務相談、人事制度の構築・運用支援、就業規則の作成、労務監査等の業務実績を豊富に持つ。近年は、“実際に使えるキャリアパスの仕組みづくり”をモットーに、介護・障害福祉サービス事業所に対する処遇改善加算の取得支援に積極的に取り組んでいる(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

目次
第1編:制度の概要を理解しよう!
第2編:“使える”制度をつくろう!
第3編:特定加算を取得しよう
第4編:キャリアパスで人を育てよう!
第5編:外国人雇用について理解しよう!